含歯性嚢胞について

しつこいようですが、嚢胞の話です。沢山イラストを作ったので、無駄にならないようにネットで配信します。 患者さんに嚢胞を説明する時には含歯性嚢胞から説明すると分かりやすいようです。 ピンクの部分が歯肉、肌色の部分が骨です。…

嚢胞

前回に引き続き嚢胞のお話です。メジャーな3種類の嚢胞についてイラストを作ってみました。 まずは含歯性嚢胞。よく見るのは横向いた親知らずの歯の頭にできます。下のイラストのように。 こんなイラストを描いてみました。被り物をか…

囊胞の発生

今回から顎骨嚢胞についてです。 からだのなかに形成された病的な袋状のものを嚢胞(のうほう)といいます。一般にそのなかには液状の内容物が入っており、ほとんどの嚢胞は、その内側が上皮によって覆われています。(日本口腔外科学会…

今城先生おつかれさん

口腔外科学会雑誌に載りました。 何年前にスタートしたんだっけ?受付日が2014年って書いてあるから5年前ぐらいかな??頑張りましたね。 頑張った分載るとうれしいですね。開業してもうすぐ2年。大学を離れて4年経って名前が載…

口腔カンジダ症6

今回は口腔内のいろいろな部位の痛みがある場合で、さらにどこか粘膜に赤い部分がある患者さんの細菌検査のデータです。 Facebookには出てきませんが、ブログに症例写真の一部を示します。 カンジダを検出した症例と検出しなか…

口腔カンジダ症5

カンジダがいるかどうかの細菌検査の続きです。 今回は舌の色素沈着の症例です。 いわゆる黒毛舌に対して細菌検査したらどんな菌が出てくるのでしょうか。 色素沈着もいろんなパターンがあるので、これだけではなんとも言えないですね…

口腔カンジダ症4

今回はカンジダ症を疑う偽膜のある症例に対して細菌検査を行って、どんな菌がでたかという検討を行ってますのでご覧ください。 すべての症例は提示できませんので、連絡が取れる方で必要な方は言ってください。 偽膜性口内炎は何らかの…

迷入

今日診療が終わって、事務処理していると近隣の先生からでんわがありました。「親知らずの歯根を口底側に押し込んでしまった・・・」 根が口底側に迷入した場合、そのまま放置すると感染する可能性があるため抜去が必要になりますが、口…

口腔カンジダ症3

引き続き口腔カンジダ症についてご報告いたします。 口の中にはよくわからない痛みがいっぱいあります。 今まで臨床的に原因不明な舌痛症はすべて心因性とかたづけられてきたが、その中にはカンジダ検査で検出されないカンジダ症の多い…

口腔カンジダ症2

前回から口腔カンジダ症についてみています。 かわいく描けばこんな感じですね。 病理組織ではこのように見えます。 このピンクの棒みたいなものが菌糸です。カンジダは上皮の中に入り込んで、悪さをします。 治療はフロリードゲルや…