心疾患や脳卒中の経験がある患者さんに歯科治療という負荷をかけた場合に、心疾患や脳卒中が再発する可能性があるのかって事は歯科治療をする立場としてはとても興味深いことだと思います。 おもしろい論文がありました。 心疾患や脳卒…

循環器疾患の評価

循環器疾患の評価 心疾患の既往がある患者が来院した時、患者の状態を把握して、自分で管理できるか否かを判断できることと、治療における注意点を理解しておくことが重要です。また、そのために、我々が診療するときにどのように評価を…

心筋梗塞の治療後について テレビに出る人で心筋梗塞になった人を御存知でしょうか。 徳光和夫さんは心筋梗塞になりましたね。現在は元気に活躍されてます。西田敏行さんも仕事復帰してます。松村邦洋さんはマラソンで意識がなくなって…

狭心症と心筋梗塞について

狭心症と心筋梗塞について これから歯科と循環器疾患の考え方について調べたことを御報告したいと思いますが、その前に狭心症と心筋梗塞について簡単に記します。素人が素人目線で病気の勉強をして説明したほうが素人にわかりやすいと思…

心疾患の患者さんへの局所麻酔の工夫

前回までの二回で局所麻酔の効果と全身の影響について記しました。 二回をまとめると、麻酔の液は数分で全身を巡って麻酔液のアドレナリンの影響で心臓がバクバクします。 血圧はそう変わらないものの、脈拍は3分から5分で血中濃度が…

心疾患の患者における局所麻酔時の変化

先日から歯科医院での麻酔が循環器にどのような影響を及ぼすかという記事を記載してます。 心疾患の患者さんに投与したアドレナリンは健康な患者と同様に作用するのであろうかという疑問があります。「心疾患の患者はどのようにバイタル…

痛くなく治療することの重要性

歯科治療中に患者さんが体調が悪くなることがあります。 我々はいつ、どのような時に、患者さんの体調が悪くなるのかを知っていなければ対策はできません。 そこで、以下のような報告がありましたので、御報告いたします。 2011年…