歯原性角化嚢胞の病理組織

今回は歯原性角化嚢胞の病理組織像です

その特徴は

(1)被覆上皮は薄く幅が一様で上皮脚がほとんどない。

(2)基底層はよく発達し類円形もしくは円柱状細胞が棚状に配列する

(3)棘細胞層は薄くしばしばinter celler edemaを示す

(4)角化は主に錯角化を示し、表面はしわ状を呈す

(5)嚢胞壁は薄く炎症がない

(6)囊胞壁の凹凸、娘囊胞、歯堤様増殖、上皮島がみられる

(7)時に核分裂がみられる

と記されています。

(日口外誌 1988 Vol.34 No.3 470~484)

これが良くみる教科書的な組織像です。

被覆上皮は薄く幅が一様で上皮脚がほとんどない。

基底層は円柱状細胞が棚状に配列する

角化は主に錯角化を示し、表面はしわ状を呈す

嚢胞壁は薄く炎症がない

娘嚢胞

次は感染して炎症がおこった後の組織です。

開窓後は上皮脚が伸びてこのようになります。

福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ

The following two tabs change content below.
やましろ歯科口腔外科 院長 山城
福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ。 日本口腔外科学会認定専門医が治療します。
やましろ歯科口腔外科 院長 山城

最新記事 by やましろ歯科口腔外科 院長 山城 (全て見る)