縫った傷に消毒は必要?

縫った傷に消毒は必要なのでしょうか?

先日から傷の消毒について御報告しております。

縫った傷は縫った直後に血液が固まって、血が出なくなります。縫った24時間から48時間ぐらいで、その血の塊の表層を皮の細胞(上皮細胞)が伸びてきて縫った傷の壁を作ります。その時点では傷は弱いのですが、菌が外部から侵入しないように壁ができます。そうです。傷は48時間で皮ができるのです(上皮化)。では消毒をどのように考えるのでしょうか。48時間以内はできかけの傷の壁が消毒液によって壊されやすいので消毒はしない方が良い。48時間以降は壁ができるので消毒する必要がない、ということです。(壁ができたら菌は傷の中に入りませんよね)。

傷

実際に手術後の傷をどのように管理すればよいでしょうか>口の中の傷の周りはご本人できれいにすることができません。傷の近くの歯はプラークが付いても取ることは難しいです。手術後の様子をみせにこられた場合に、このプラークを取ることと縫った糸についた汚れを取れれば、消毒液で傷を傷つけなくても良いのです。

縫った傷

The following two tabs change content below.
やましろ歯科口腔外科 院長 山城
福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ。 日本口腔外科学会認定専門医が治療します。
やましろ歯科口腔外科 院長 山城

最新記事 by やましろ歯科口腔外科 院長 山城 (全て見る)