縫合するのと縫合しないのではどうちがいますか?

縫合するのと縫合しないのではどうちがいますか?

どっちが良いのでしょうか?

前回の最後に動かさなければきれいに、早く治るんだと思いますとお話しました。

動かないようにするために糸をつけて縫ったりします。

歯ぐきが動いたり、食べ物や唾液があたると貯まった血液が逃げていきます。

教科書には書いてありませんが、私が治療を経験して感じる直り方のイメージを図にしたのでご覧ください。

縫わなかった傷と縫った傷の断面です。

どちらも貯まった血液は減っていきます。

差は少ないかもしれませんが、縫わない傷の方が血液の塊の減る量は少ない印象です。

だから凹みが戻るのも縫ったほうが早いと思います。

最後は同じように治ると思いますが、縫合した方が早いと思います。

動く傷は縫った方が良いと思うし、動かない傷は縫わなくても良いかもしれません。

上の親知らずは傷が動かないので、縫っても縫わなくても治癒は変わらない印象がありますがどうでしょうか??

これは私の印象ですので、論文的な根拠はありません。

The following two tabs change content below.
やましろ歯科口腔外科 院長 山城
福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ。 日本口腔外科学会認定専門医が治療します。
やましろ歯科口腔外科 院長 山城

最新記事 by やましろ歯科口腔外科 院長 山城 (全て見る)