親知らずについて

今回は親知らずについて、もう少し説明したいと思います。(イラストは自作で、それを見て頂きたいだけですが)

親知らずは前から8番目の歯で、大臼歯の中では3番目の大臼歯のことを言います。

現代人は顎が昔の人より小さいため、親知らずが生えるスペースがなくて、ちゃんとはえないことが多いのです。

図のようにいろんなはえ方をします。

図は歯ぐきが透けて見えてますが、いろんなはえ方をします。

こんなはえ方をすると上手に歯みがきができませんね。

親知らずがきれいにはえてても、汚れはつくことが多いのです。

親知らずは奥にあるため、治療が難しくてうまくいかないことが多いのです。

親知らずの手前の歯が虫歯になりやすくなります。

汚れがつくと、だいたい十分な掃除ができないので、将来、また腫れてくる可能性があります。

だから、親知らずは抜かないといけないことが多いのです。

The following two tabs change content below.
やましろ歯科口腔外科 院長 山城
福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ。 日本口腔外科学会認定専門医が治療します。
やましろ歯科口腔外科 院長 山城

最新記事 by やましろ歯科口腔外科 院長 山城 (全て見る)