親知らずは抜歯をした方がいいのでしょうか

今回は「親知らずは抜歯をした方がいいのか」ということです。

まっすぐ生えていて、むし歯になってない親知らずを抜く必要はないと思います。とくにカリエスリスクが低いと考えられる人は、虫歯になるから抜歯しましょうというのはおかしいですね。

しかしちゃんとはえていない場合には・・・

歯磨きがしにくい部分はむし歯になりやすいです。

親知らずの手前の歯の奥に虫歯ができると、治療はしにくいし、虫歯が大きくなるまで見つからないことが多いです。虫歯がおおきくなって、ズキズキすると神経を取らないといけませんが、そうなるとこの残したい歯の寿命がかなり短くなります。

骨に埋まってる部分まで虫歯になれば、歯を作れないので抜歯です。

歯磨きしにくい部分には歯石も付きやすいです。

歯石が親知らずのあたりまでつくと、歯石とりができませんので、だんだん歯ぐきがはれるようになります。

どんなに深く埋まっていても歯石がつく可能性がありますが、将来の予測は不可能です。

将来歯石がついて抜歯が必要になるかもしれないし、親知らずの存在すら知らずに一生を終える人も沢山いると思います。

抜歯するのであれば若い時にするのが簡単ですよ。その話は後日。。。

The following two tabs change content below.
やましろ歯科口腔外科 院長 山城
福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ。 日本口腔外科学会認定専門医が治療します。