当院の知覚異常2

 

当院では今約600本の下顎智歯の抜歯をして5症例の知覚異常がみられました。

その1症例を前回お伝えしましたので、今回は2症例の紹介をしたいと思います。

2症例目は半埋伏の症例です。

そんなに深くなくても、こんなにパントモ上では下顎管と重なって映っているんですね。

CTでは下顎管が根につぶされているような感じに見えます。

SDテストではファイバーの細い方から2番目のファイバーを感じることができたので、知覚異常としては軽度で、数週間で治癒したのでした。

次の3症例目はこのような感じです。

とても深い智歯です。下顎管は歯根の下に接するように走行しています。

SDテストではファイバーの細い方から2番目のファイバーを感じることができ、知覚異常としては軽度で、数週間で治癒したのでした。

後の2例はまた次の機会にお伝えします。

The following two tabs change content below.
やましろ歯科口腔外科 院長 山城
福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ。 日本口腔外科学会認定専門医が治療します。
やましろ歯科口腔外科 院長 山城

最新記事 by やましろ歯科口腔外科 院長 山城 (全て見る)