当院の知覚異常3

今回も抜歯後に発症した知覚異常の2症例(全部で5症例の前回まで3症例紹介してます)です。

まず4症例目です

パントモでは下顎管と歯根が重なる形で、CTでは下顎管が根の外側にあって、下顎管は扁平になってます。

イラストで示すとこんな感じでしょうか。

最後の症例はパントモではこのような感じで、歯根がかなり太く、二つに分かれています。

SDテストではファイバーの細い方から2番目のファイバーを感じることができあ知覚異した。常としては軽度で、数週間で治癒したのでした。

CTでみると3つに分かれていて、根と根の間に下顎管がある感じです。

図で示すとこう。本当は3つの根があるのですが、根と根の間が分かりやすい方がよいので、2根だけの図を出しました。

こんな歯は難しいので抜歯に時間がかかる場合には一度途中でCTを撮って、削ってる方向を確認して抜歯を続けます。

こうすることで、さらに抜歯のスピードアップです。    

神経を傷つけてないことも確認できて・・・

抜歯が完了。でも、下唇の知覚異常は出るのです。

この患者さんもSDテストではファイバーの細い方から2番目のファイバーを感じることができたので、知覚異常としては軽度で、数週間で治癒したのでした。

The following two tabs change content below.
やましろ歯科口腔外科 院長 山城
福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ。 日本口腔外科学会認定専門医が治療します。
やましろ歯科口腔外科 院長 山城

最新記事 by やましろ歯科口腔外科 院長 山城 (全て見る)