歯石のついた親知らず2

前回に引き続き完全に粘膜の中に埋まっている親知らずについている歯石の話です。

我々は親知らずの抜歯を勧めるべきか否か迷うことが多いです。親知らずを抜かないまま一生を終える方は沢山いると思いますが、親知らずが感染して大変な思いをする方も沢山います。

抜歯する立場からすると抜くのであれば若い時の方が簡単なのに・・・って思いますが、抜かなくても良い歯を苦労して抜こうとは思いません。

39才の男性ですが、大分骨の中に横向きに埋まってます。この歯に歯石がついてるかどうか、この先歯石がつかないように、トラブルがない様にできるかどうかなんて予測はできません。そのような中で、抜歯を勧めた方が良いかどうかは迷うところです。他院で抜歯した方がいいといわれて当院にいらっしゃいました。

CTでも骨欠損部は多くありません

抜歯してみると少しずつ歯石がついてきていることがわかりました。

将来的にも抜歯が必要になりそうなので、抜歯して良かったと思います。

The following two tabs change content below.
やましろ歯科口腔外科 院長 山城
福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ。 日本口腔外科学会認定専門医が治療します。
やましろ歯科口腔外科 院長 山城

最新記事 by やましろ歯科口腔外科 院長 山城 (全て見る)