親知らずは痛い時に抜歯をした方がいいのか?

親知らずが痛くなった時に「抜歯をしてください」と来院する患者さんがいますが、いったいいつ抜歯をするのがベストでしょうか。

むし歯でズキズキする場合と歯ぐきが腫れてズキズキする場合では、抜歯をすべきタイミングが異なります。

むし歯でズキズキする場合は歯の中が痛んでいるので、歯を抜くか神経を抜けば痛みは改善します。

歯ぐきが痛い場合は、抜歯をしても痛い部分は残ります。

麻酔して痛くない状態で触ったら、麻酔が取れた時に痛そうです。抗菌薬等の薬で痛みが無くなってからの方が抜歯時、抜歯後の痛みは楽です。

炎症が広がりつつあるときに抜歯すると、余計に腫れたりします。

痛い時に抜歯すると麻酔が痛く、麻酔が効きにくく、麻酔が覚めるのも早いですよ。

痛くて口が開きにくい場合も抜歯できませんよ。

術者が抜歯しやすいタイミングで抜くのが、傷を小さくするコツだと思います。

上の親知らずが粘膜にあたって口内炎になっていることがあります。口を開けると痛いというときですね。こんな場合もすぐに抜いてあげたほうが楽になります。

上の親知らずは下の親知らずに比べて簡単に抜けて、後が痛くないので抜歯した方がいいですね。

 

The following two tabs change content below.
やましろ歯科口腔外科 院長 山城
福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ。 日本口腔外科学会認定専門医が治療します。