静止性骨空洞

今回は歯根嚢胞を疑って処置を行ったけれど、結果違った患者さんの報告をします。

50代の女性ですが、下顎臼歯部の透過像の精査の依頼で受診された患者さんです。

左側下顎第二大臼歯歯根尖に境界明瞭内部均一なX線透過像を認めました。CTでは舌側の皮質骨が広い範囲で欠損している透過像で、嚢胞としてはとても不自然な形態ですが、顎骨内に病変があることを思わせるような透過像でした。

嚢胞であろうと予測して、抜歯後に組織の一部を採取して組織検査に出し、開窓するような形にしようと思いました。しかし、抜歯して透過像となっている部分を触ると空洞でなく、軟組織で充満していたため、腫瘍性の病変かもしれないと考え、組織を一部採取して組織検査に出し、傷は普通の抜歯後の状態にして経過観察することにしました。組織を採取する時に患者さんがわずかな痛みを訴えておりました。

組織検査の結果は、脂肪組織などを含む間質組織でということで腫瘍ではありませんでした。おそらく、透過像の部分は骨が欠損しており、そこに顎下部の組織が入り込んでいる静止性骨空洞という状態だったのだろうと思います。

The following two tabs change content below.
やましろ歯科口腔外科 院長 山城
福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ。 日本口腔外科学会認定専門医が治療します。
やましろ歯科口腔外科 院長 山城

最新記事 by やましろ歯科口腔外科 院長 山城 (全て見る)