2周年

二年前の6月17日に開業しましたので、開業してちょうど2年経ちました。今日から3年目に突入です。

口腔外科を標榜してさまざまな疾患に携わることができました。以下に歯科治療(虫歯・歯周病・義歯)以外の治療が必要な疾患を以下に示します。

下顎骨骨髄炎、放射線性骨髄炎、薬剤関連顎骨壊死、歯性上顎洞炎

上顎洞迷入歯根、口底迷入歯根

三叉神経痛、顔面神経麻痺(ラムゼイハント症候群)

扁平上皮癌6例、唾液腺腫瘍3例、下唇平滑筋腫、舌顆粒細胞腫、線維腫、乳頭腫

歯根嚢胞、含歯性嚢胞、歯原性角化嚢胞、原始性嚢胞、術後性上顎嚢胞、静止性骨空洞、下唇粘液嚢胞、ブランダン・ヌーン膿胞・ラヌーラ

ヘルペス性歯肉口内炎・帯状疱疹・天疱瘡、白板症、扁平苔鮮

顎関節症、顎関節脱臼、偽痛風疑い、リウマチ性顎関節炎疑い、咀嚼筋腱・腱膜過形成症

下顎骨骨折、クインケ浮腫

何よりも開業時に来ていただいたスタッフが一人も辞めていないことが一番の自慢です。

ちなみにH30 年5月31日までで上顎智歯は388本、下顎智歯は743本です。ひと月平均30本程度下顎智歯を抜歯している計算です。

今後とも宜しくお願いいたします。

福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ

The following two tabs change content below.
やましろ歯科口腔外科 院長 山城
福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ。 日本口腔外科学会認定専門医が治療します。
やましろ歯科口腔外科 院長 山城

最新記事 by やましろ歯科口腔外科 院長 山城 (全て見る)