知覚異常5

今回は知覚異常で来院された患者さんの報告です。

患者:55歳、男性 主訴:下唇の知覚鈍麻 家族歴:父親が肝細胞癌で死亡し、母親が胃癌で死亡していた。
生活暦:飲酒歴一日にビール2本と焼酎を飲んでいた。喫煙歴は1日20本を30年喫煙していた。
現症  口腔外所見顔貌は左右対称で左側下唇に知覚鈍麻を認めた。


口腔内所見左下67は欠損で同部の歯肉は平滑で腫瘤や潰瘍の形成はなく、感染所見もなかった。
左側下顎の犬歯と小臼歯の歯肉退縮はあるものの、歯肉の発赤や腫脹はなく、う蝕や修復物の装着もなかった。

パノラマX線写真では下顎骨内に明らかな病変を認めなかった。

CTでは骨髄の透過性の左右差がみられ、皮質骨の吸収があった。

この患者さんは肝臓癌の下顎骨転移で、半年経たないうちに亡くなりました。

これは、口腔科学会雑誌の論文に載せてますので、詳しく見たい方はそちらをご覧ください。

The following two tabs change content below.
やましろ歯科口腔外科 院長 山城
福岡で親知らずの抜歯、ドライマウス、睡眠時無呼吸症候群、口腔がん健診のことならやましろ歯科口腔外科へ。 日本口腔外科学会認定専門医が治療します。
やましろ歯科口腔外科 院長 山城

最新記事 by やましろ歯科口腔外科 院長 山城 (全て見る)